NO IMAGE

DataFrameにてMeanを使う

値を含むDataFrameにてMeanを使うと平均値のDataFrameが取得できる。 その際に対象項目にNULLが含まれている場合にどうなるかを確認する。 ※今回の希望としてはNULLの分は除いて平均をとってほしい。。 import pandas as pd df_ExistNone = pd.DataFrame({'a': [1, 2, 1,None, 3], 'b': [0.4, 1.1,None, 0.1, 0.8], ...

記事を読む

NO IMAGE

自分のスマホが出力しているであろうCOCOAのBLEを見てみる

先日リリースされた接触確認アプリのCOCOA。 仕組みとしてはBLEを使っているはずなので、仕様さえわかれば受信してみることは可能なはず。 ということで、「自分のスマホが出力しているであろうCOCOAのBLEを見てみたい」ということを目標に試してみる 仕様 アップルが公開している仕様のあれこれ。 https://www.apple.com/covid19/contacttracing/ BLEの仕様 https://covid19-static.cdn-apple.com/applicat...

記事を読む

NO IMAGE

BLEによる屋内測位をiBeaconとM5MtickCでやってみた

まずは簡単に測位 以下に記載されているコードでそのまま試してみた。 https://tech.fusic.co.jp/posts/2020-02-23-m5stickc-ibeacon/ ※動いているかどうかの確認するために画面出力だけ追記 #include <M5StickC.h> #include <BLEDevice.h> #include <BLEUtils.h> #include <BLEScan.h> #include <B...

記事を読む

NO IMAGE

Pythonでいくつかの通知処理サンプルを作ってみる

処理で判定をした後のアラートや処理終了時の通知などで メールや特定のサービスに通知したいケースがちょいちょいあり、 そのたびに考えるのがめんどくさくなったので、まとめてみた。 環境 google colaboratoryにて実施。 Pythonのバージョンは以下。 Mail まずはベタにメール通知。 SMTPサーバはGmailを想定 ※Gmailを使って送信する際には通常のパスワードではなく、アプリパスワードを発行すること。 通常のパスワードを使用すると[SMTPAuthentica...

記事を読む

NO IMAGE

Lambdaでwebhookをとりあえず受け取れているかを確認するための関数を作ってみた

動機 先日M5STICKCを使ってLINE Beaconを試してみた際に、 Webhook先を今まで使ったことないGASにしてみたところ、 どこでハマってしまっているのかよくわからない状態になってしまった。 知らない機能同士をまとめてためしたのが原因なので、Webhook先は毎回固定にしておいた方がいいのかもしれない 作ってみたもの ということで、作ってみたのが個人的にWebhook先として汎用的に使える環境。 環境は一番慣れ親しんだものとしてAWSのLambda(とAPI Gate...

記事を読む

NO IMAGE

M5StickC × MicroPythonでLINE通知を試してみた話(失敗例)

M5StickCで通知 前回、初期設定をしたので、これを使ってとりあえず押したボタンに応じてどのボタンを押したかを通知する仕組みを目指す。 ※注記:最終的には上手くいっていないです。 VS Codeで実装 エクステンション「vscode-m5stack-mpy」をインストール しばらくアップデートしてなかったVSCodeのままだと、インストールできなかったのでアップデートしてからインストール USB接続モードに変更 以下を参考に変更。 https://kitto-yakudat...

記事を読む

NO IMAGE

M5STICKのCとVの初期設定

M5STICKのVとCを購入。 2月某日、たまたま在庫があるのを見かけたので即ポチ。 ということで、到着。 M5のSTICKのVとC。Vも小さいんだけど、Cが笑えるほど小さい。 pic.twitter.com/7ZHzQ1nqgJ— なかまえ (@ryo_naka) February 22, 2020 小さい。小さいというのは知っていたし、見たこともあるのだが 実際に自分の家でみてみると「小さい」という感想がまず最初に出てくる。 初期動作確認 30日以内なら初期不良交換してく...

記事を読む

NO IMAGE

「つくりながら学ぶ!PyTorchによる発展ディープラーニング」をColaboratory上で。

つくりながら学ぶ!PyTorchによる発展ディープラーニング https://book.mynavi.jp/ec/products/detail/id=104855 の「1章 画像分類と転移学習」にて。 自端末内に環境を別途作るのがめんどくさかったので、Google Colaboratoryで実施。 その際に調べたことなどを備忘録として残しておく アップロード gitからDLしたフォルダ(Makeまではローカルでやっておいた方が楽)をGoogleドライブへアップロードし、ドライブ上からNo...

記事を読む

NO IMAGE

[Media-JAWS][ハンズオン]AWSの方に学ぶ「Amazon Comprehend, Amazon Transcribe」

先日、以下に行ってきたので自分がハマったことも含めて残しておく。 https://media-jaws.doorkeeper.jp/events/102726 今回のハンズオン内ででてくるサービスのざっくり概要 Amazon Translate https://aws.amazon.com/jp/translate/ 機械翻訳サービス Amazon Polly https://aws.amazon.com/jp/polly/ Text to Spearch 文字をMP3にしてく...

記事を読む

NO IMAGE

Remotteハンズオンに参加してきた

以下に参加してきた。 Remotteとは R e m o t t e(リモッテ)は、専門的なことがあまり分からなくても...

記事を読む

Bitnami