スポットライト 世紀のスクープ

スポットライト
試写会にて

よかった。
「面白い!」というような類のものではないが、久々にしっかりしたものが観れてよかった。

ただ、良くも悪くも教会が身近にない日本人には根深さがよくわからないだろうなとも思えた。

中高がカトリックだったから多少身近ではあるが、それでもピンとはこない。

終盤に局長の言う
「我々は普段は闇の中を手探りで歩いている。
だが、そこに光が差さないと間違っているかどうかもわからない」
というのがスゴく印象に残った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Bitnami