川崎シビックパワーバトル2018 に行ってきた

先日、川崎シビックパワーバトル2018なるイベントに行ってきた。

川崎シビックパワーバトル2018 - connpass
connpassはイベントやIT勉強会の開催、さらに参加者の集客に便利です。コミュニティやグループの運営やイベントの検索、事前決済もできます。

引用そのままですが

「川崎シビックパワーバトル」は、川崎市を南北の地域チームにわけて、主にオープンデータを活用し、今まで埋もれていたまたは知らなかった「まちの魅力」を発掘し地域の魅力発信を目的としたプレゼン形式で対決するチーム対抗戦のイベントです。

オープン川崎には興味もあったし、どういうオープンデータをひっぱりだしてくるのか?どう見せて南北の優劣を出してくるのかということにも興味があったのでふらっと行ってきました。

自分もツィートも含めてまとめられているので以下で時系列的なものは参照してみてください。

川崎シビックパワーバトル2018
「川崎シビックパワーバトル」は、川崎市を南北の地域チームにわけて、主にオープンデータを活用し、今まで埋もれていたまたは知らなかった「まちの魅力」を発掘し地域の魅力発信を目的としたプレゼン形式で対決..

今回一番すごいと思ったのが以下のグラフィックデザイン。
オープンデータもプレゼンも関係ないですが、双方のプレゼンの内容をその場で一枚の絵にまとめていました。

南部に住んでいる人間なので、南部推しだったのですが、「プレゼン」で評価しろと言われると北部の方が上手かったかなという印象。
それでも知らないオープンデータなども出てきたし、切り口なども自分にはない観点だったりしたので面白いイベントではありました。

個人的には、参加者の何人かが所属していた「Code for cat」の方が気になってしょうがなかった。
猫様のために何する会なんだろう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Bitnami