Maker Faire Tokyo 2019 個人的なまとめ

先週末(2019/08/03,04)と行われていたMaker Faire Tokyo 2019に日曜に行ってきたのでそれをまとめておく

Maker Faire Tokyo 2019 | Maker Faire Tokyo 2019 | Make: Japan
Maker Faire Tokyo 2019は8月3日(土)、4日(日)東京ビッグサイトで開催!ユニークな発想と新しいテクノロジーの力で作り出される作品や、Makerたちに会いにいこう

現地からのツィート

ベネッセのコーナーの[School Maker Faire]にて

なんとなく覗いてみたら母校の子らが出てた。

けんだま×ドローン

#00

ドローンでけんだまをやるという発想がおもしろい。
ゲーム的にするために、操作をゲームパッドで行えるようにしてた。

何使っているのか気になって聞いてみたら、DJIのTerraを使ってるって言ってた。
だけども、Terraって本体じゃなくてソフトウェアな気がする。
そもそも1万円ぐらいですって言ってたんだけど、DJIのドローンでそのぐらいで購入できる価格帯のドローンなんてあるんかな。
SPARKで4~5万ぐらいだった気がするんだけど。
それとも知らないだけで実際にはあるんだろうか。。

だるま×スピーカー

達磨スピーカー

ダルマの目玉がスピーカーみたいだなというところからスタートして作ったものとのこと

盆栽×コンデンサー

コンデンサー盆栽家元 へぎ

使い終わったコンデンサーを盆栽にするという発想

せっかくだから一つぐらい買ってきて会社の机に置いておけばよかったなと後悔

SONYブース

SPSESENSEとMESHが置いてあったが、MESHはあまり人気なかった。
高いしなぁ

SPSESENSEは前から興味があったので、どういうことができるのかをいろいろと教えてもらえて非常に参考になった。
そのうち触ってみたい。


この辺で半分。だいぶ疲れた。

炊飯器ハック

IoT Rice Cooker

クレープ


だいぶ疲れてしまったので、終盤はほぼTweetは無し。

その他気になったけどツィートしてなかったやつ

ということで、よそ様のTweetを拝借して面白かったものを紹介

たまたまなのだろうが、似たような発想のAI

紙飛行機の世界チャンピョンが来てた

BMIを推定し、高い人にはケーキを少なく切り分けるという「公平さ」

ざっくり感想

前半(入口そばからスポンサーゾーンあたりまで)のエリアでは
micro:bit(マイクロビット)を使っていろいろとやっているところが多かった印象。
どっかのブースで聞いてみたのだが、micro:bitは安価かつ簡単に実装することができるので、学習用としては向いているらしい。
生徒用に複数用意することまで考えるとこの辺になるんだとか。
たしかにボタン、LED、センサー、BLEが付いてて、ブロックエディターで実装することができれば入口としては十二分だと思う。
※まあこれをちゃんと教えることができる教師がどれくらいいるのかはわからないですが。。

後半はarduino,Raspberry PiをベースにGPUが必要な箇所でJetsonを使ってるって感じかな。
やはりこういうところに来ると、画像解析や物体検知とかはもはや「使ってみる」という段階なのかなと思う。
極論を言えば、中身はよくわからなくたって扱うことはできるので、社内とかで「AI教えて」みたいなことを言われたときに教える内容もロジックなんかよりも「こんな感じにやれば、中身わからなくたって扱えますよ」みたいな方向にした方がいいのかなと感じた。

あとは、SONYのSPRESENSEが欲しくなった。
けど、これは上手いこと誘導して会社で買ってもらおうかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Bitnami